学生

学年毎に意識する事

学生

小学校は様々な事を学習する事が可能となるでしょう。友達作りをしたり、みんなで授業を受けたり、給食を食べたりと、様々な角度から新しい事を吸収出来るようになっています。最終的には卒業して中学に行くこととなりますが、中学受験を受ける事で進路の選択肢を広げる事が可能です。中学受験を意識するのは高学年になってからでも間に合いますが、低学年のうちに子供に学ばせておきたい事は読み書きそろばんです。読む力や書く力、計算力は生涯必要になる力であり、小さい頃に習得する事で土台部分をしっかりと作る事が出来ます。土台が踏み固まる事で高学年になっても安定した力を発揮する事が可能となるので、低学年のうちはたくさん遊んでたくさん学習する事で感性と共に読み書きそろばんを鍛えましょう。

高学年特に、五年生に上がる頃には中学受験を視野にいれて行動する事がとても大切となります。中学受験で出題される問題の多くが五年生以上の問題であり、覚えなければいけない用語や知識が増え始めます。この頃に学習方法をしっかりと確立する事で今後の勉強スタイルも変わってきます。また、成績も受験をする際に必要となる事が多くなるので、成績向上も目指しましょう。保護者と子供が寄り添って活動する事がとても重要な時期となりますので、子供と向き合って活動する事が大切になります。六年生になる頃には進路を決める必要があります。学校側にも報告する必要があるので、どの中学校に行くのか決めましょう。中学受験の問題にも影響するので早めに決めて対策方法を確立させる事も大切です。過去問や面接対策なども行う必要があり、中学受験をするためにも必要な事がたくさんあるので、受験をする事を決めたならば親子共に覚悟して挑みましょう。

Copyright ©2015 中学受験成功で憧れのウイニングロードへ【基礎からの学力貯金】 All Rights Reserved.